葛飾・高砂でこだわりのコーヒー豆を手に入れる!自家焙煎処「mountain coffee」

みなさんはご自宅でコーヒーを飲みますか?ほっとしたいときや気合を入れたいときに、コーヒーが欠かせないという方も多いのではないでしょうか。

今回は新鮮なコーヒー豆が買える焙煎処「mountain coffee KATSUSHIKA(マウンテンコーヒー葛飾)」をご紹介します。

自分好みの焙煎度合いで注文したり、少量の豆の購入ができたりと、コーヒーを楽しむ選択肢が広がるステキなお店です。

土日祝限定オープンのコーヒー豆屋さん

高砂駅の南口から徒歩約7分。住宅街の一角にmountain coffee KATSUSHIKA(以下:mountain coffee)はあります。

遠目から看板が見えたので、ここかな?と思って近付いていくと、コーヒーの香りと共に優しそうなオーナーさんが出迎えてくださいました。

以前高砂駅の北口エリアに「喫茶・マウンテンコーヒー葛飾」というお店がありました。
惜しまれながらも2015年に閉店してしまったのですが、その味や思いを引き継ぎ、2021年に自家焙煎珈琲豆の専門店として復活したそうです。

お客様の多くはご近所さんですが、立石や金町エリアから買い求めに来る方もいらっしゃるのだとか。オンラインショップでも販売しています。

豊富なコーヒー豆からお気に入りを見つける

mountain coffeeでは20種類ものコーヒー豆が置いてあります。
ブレンドコーヒーは常時購入可能、それ以外は注文後の焙煎です。

200g以上の注文をすると、希望の度合いで焙煎をしてもらえます。
他のお店ではなかなかできないので、うれしいサービスですね。

好みの味や飲み方をオーナーさんに伝えると、おすすめの豆を教えてくださいました。
コーヒーの豊富な知識をお持ちながら、決してその押し売りはしません。
「コーヒーを楽しんでもらうこと」をとても大切にしているそうです。

扉の中には、コーヒー豆がずらっと並んでいました。

自宅にミル(コーヒー豆を挽いて粉にする機械)がない場合は、お店で挽いてもらえます。
しかし、粉にすると劣化(酸化)スピードが早くなり、風味が落ちやすいので、おすすめは飲む直前に挽くことです。

オーナーさんも「コーヒーは生鮮食品です」とおっしゃっていました。
コーヒー豆本来の香りや風味を楽しむためには、鮮度がとても重要なポイントだそうです。

COLD BREW coffee(コールドブリューコーヒー)も販売しています。
COLD BREWとは、冷水や常温水で珈琲を抽出する、いわゆる「水出しコーヒー」です。

熱いお湯を使うとコーヒーの苦味やえぐみが出やすいと言われています。水出しコーヒーはそれが抑えられた、まろやかな飲みやすさが特徴です。

小分けのコーヒー豆でオリジナルブレンドを作れる

コーヒー豆の小分けの袋も販売しています。
日によって置いてある豆が違うので、行ったときのお楽しみにしてもいいですね♪

同じ国の豆でも、焙煎の仕方や焙煎日で味が変わるそうです。

1袋20gと少量なので、お試しで買うのにぴったりです。
自分で豆をミックスしてオリジナルブレンドを作るのもいいですね!

贅沢なコーヒータイムを

今回はこちらの3種類を買ってきました!
「YUZURUブレンド」、「アイスコーヒーブレンド」、そして「COLD BREW coffee」です。

ブラックで飲んだり、カフェオレを作ったりして楽しむ予定です。おうちのコーヒータイムが、贅沢な時間になる予感がします♪

2022年の夏には、コーヒーのテイクアウト販売が始まるそうです。もうすぐ改装が始まるとのことでした。
新しい形態のお店も楽しみにしていてくださいね!

mountain coffee KATSUSHIKA
住所:東京都葛飾区高砂2-4-3
アクセス:京成線「高砂駅」下車徒歩7分
営業時間:10:00-15:00
定休日:平日