地元の人々に寄り添ったサービスと種類豊富でおいしいパンが大人気の「BRUNO BREAD」

京成金町線の停車駅である金町・柴又・京成高砂には数多くのパン屋さんが存在します。
昔ながらの老舗もあれば、ここ数年にオープンした新しい店舗もあり、それぞれ個性が光る名店が多いのも特徴です。

また、「オリンピック柴又店」などパン工房を併設しているスーパーマーケットもあり、おいしいパンがとても身近で手に入りやすい地域ともいえます。

今回はそんな数多く存在するパン屋の中から、2019年にオープンしたお店をご紹介いたします。

おしゃれな店内には種類豊富なパンがずらり

JR金町駅、京成金町駅から徒歩11分ほど。
金町末広商店街を抜けて東京理科大学のキャンパス方面に歩くと近くにお店はあります。

大きな道路の角にエメラルドグリーンのおしゃれな外観が見えます。

こちらが2019年にオープンしたパン屋さん「BRUNO BREAD(ブルーノブレッド)」です。
木材で矢張りにデザインされた外壁のとってもおしゃれですよね。

さっそく店内に入ってみましょう。
店内も同じく木材の矢張りでとってもおしゃれにデザインされています。

そして目移りばかりしてしまってなかなか選べないほど、どれもおいしそうなパンがずらり。
食パンからクロワッサンなど毎朝の朝食が楽しみになるパンや、バケットや明太子フランスなどハード系のパンもあります。

そしてあんぱんやメロンパンなどの他にも、デニッシュなど甘い系のパンも死角がないほど種類が豊富です。

隣には工房もあり、どれにするか選んでいる間にもパンの良い香りが漂います。

素材をふんだんに使用したパンはどれもおいしい

とっても悩みましたが今回は4種類にしぼって購入しました。

まず左上から『オニオンベーコン』、『ピザパン(コーン)』、『カレーパン』。
オニオンベーコンはフランスパンにホワイトソースがたっぷりとのったお総菜パン。
玉ねぎの甘さとベーコンの塩っぽさがちょうどいいバランスです。

ピザパンはもっちもちの生地にトマトソースが塗られており、さらに上にのっているチーズ、コーン、マヨネーズがとろとろでとってもおいしい。
こちらは『ナス』のピザパンもあり、2種類から選べました。

そしてカレーパン
こちらは「BRUNO BREAD」で人気No.2の商品。
ちなみに1位は“食パン”、3位は“明太子フランス”だそうです。

一口食べると外側のカリカリ具合にます驚きます。
中は濃厚なビーフカレーがたっぷりと入っており、スパイスを感じますが辛すぎないちょうどいいピリ辛加減。
揚げずに焼いているので、胃もたれの心配もなくパクパクと食べることができました。

そしてパン屋さんにあると必ず買ってしまう『アンパンマン』。
笑顔がほっこりする見た目ですね。
中身はとろとろのカスタードクリームが入っています。
周りのパンももちろんおいしいのでこちらもすぐに完食してしまいました。

駐車場やキッズスペースなどうれしいサービスも

お店の前の道路はとても車通りが多く、且つバス停もあるのでなかなか車を止めるのがむずかしい道路ですが、近くに連携駐車場があるのでご心配なく。
1000円以上のお買い物で駐車料金が25分無料になります。
お買い物のついでや遠方からでも来店しやすい、ありがたいサービスですね。

また、店内にはキッズスペースも設置されています。
種類豊富なパンをお客さんにゆっくりと選んでいただきたいという、お店の配慮がうかがえるステキなスペースです。

開店時間には行列ができる日も多いほど、すでに地元の方々に人気の「BRUNO BREAD」。
おいしいパンの他にも、地元の人々に寄り添ったサービスを提供してくれるステキなパン屋さんでした。

近くには『葛飾にいじゅくみらい公園』や『水元公園』など大きな公園もあります。
「BRUNO BREAD」でパンを買って、おさんぽするのもいかがでしょうか?

BRUNO BREAD
住所:〒125-0042 東京都葛飾区金町4-5-8
アクセス:JR常磐線金町駅・京成金町線金町駅から徒歩11分
電話:03-5876-4086
営業時間:水曜日-日曜日 11:00-19:00
定休日:月曜日・火曜日