パンとおにぎりが選べるのがうれしい、喫茶店モーニング「純喫茶アラスカ」

金町は葛飾区の中でもカフェや喫茶店の多いエリアです。
大型スーパーや病院のほか、教習所や大学のキャンパスなど、近隣住民の方々が利用するであろう施設が点在しており、物販や飲食の商店が多いのもポイントだと思われます。

買い物など用事を済ませてからちょっとお茶でも、という利用者や、金町団地などに住んでいる人々も多いのでお店に通うことが日課という利用者もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな金町で長きにわたり営業されている喫茶店をご紹介します。

さわやかでかわいい水色の外観

JR金町駅北口を出て右側へ。
毎日とてもにぎわっている金町中央商店会を抜け、金町団地方面へ行きます。
すこし住宅も多くなり、落ち着いた雰囲気の金町しょうぶ通り商店会へ入ります。
朝日信用金庫の近くまで来ると、お店が見えてきました。

こちらが「純喫茶アラスカ」です。
以前こちらでご紹介させていただいた、焼肉「香養」のほぼ目の前に位置する喫茶店。
水色の外観がとっても爽やか。

「純喫茶アラスカ」という看板もレトロなフォントでかわいいですね。

ゆったりとしたテーブル席、落ち着ける席もあります。

店内に入ると、テーブル席が約10席ほど。
緑色のソファとオレンジの照明がほっこりとするかわいい内装です。
ソファと照明はレトロですが、店内は改装されたのかとてもキレイでした。

奥行きがあるので、静かに過ごしたい方にもおすすめ。
この日は平日の11時ごろに伺いましたが、ちらほらお客さんがいらっしゃったためお写真はありません。
ですが、客席の間隔がすこし広めなので、おしゃべりしたい方にも1人で本を読んだりしたい方にも、どちらのお客さんにもおすすめの構造となっています。

モーニングは11時15分まで

平日の11時すぎに伺ったのですが、なんと「純喫茶アラスカ」では11時15分までモーニングを食べることができるのです。
なぜ15分までなのかはわかりませんが、すこし寝坊してもモーニングメニューが食べられるのはありがたいですね。

そしてもう1つ、うれしいポイントがあります。
「純喫茶アラスカ」ではモーニングが“パン”と“おにぎり”の2種類から選べるのです。
喫茶店のモーニングというと、トーストやホットドッグなどパンがメインのイメージがありますよね。
こちらではパンのほかに、おにぎりとお味噌汁がついてくるセットがあるんです。
朝はごはん派の方も、すこしうれしいメニューです。

ですが、私はパンの気分だったのでパンのセットを注文。

ちょうどいい厚さのトーストに、バナナが入ったサラダがついてきます。
そして喫茶店でモーニングを食べるときの小さな楽しみ、ゆでたまご。

半熟すぎず、固ゆですぎない、こちらもちょうどいいゆで具合のたまごでした。

「純喫茶アラスカ」は40年以上続く喫茶店です。
長きにわたり通っている常連であろうお客さんのほかにも、店内には若めのお客さんもいらっしゃいました。
近年、若者を中心に起こっている“喫茶店ブーム”。
“純喫茶”という店名も、時代は巡り、いまでは新しいワードとして愛されています
ちなみに、地元の友人に聞いたところ、“ジャンバラヤ”というごはんもののメニューがとってもおいしいそうです。
次はランチタイムに伺って食べてみようと思います!

純喫茶アラスカ
住所:〒125-0041 東京都葛飾区東金町3-20-8
アクセス:JR常磐線金町駅から徒歩6分
電話:03-3600-9694
営業時間:月-金 8:30-18:00/土曜日 8:30-17:00
定休日:日曜日・祝日