種類も豊富などこかなつかしい欧風カレー「カレーハウス トック」

京成金町線の中でも、最も飲食店の多い街・金町。

中華料理、ラーメン、焼肉、蕎麦が特に多く点在していると思いますが、カレーのお店も数多く存在します。

カレーの種類でいうと、インドやネパールのお店が多いのですが、金町で唯一欧風カレーのお店があるんです。

コック帽がモチーフの可愛いキャラクターが目印

JR金町駅北口を出て右手へ。

以前ご紹介した“珈琲 田園”を右に曲がります。

そしてまたまた以前ご紹介した“純喫茶シャレード”の2個お隣に、今回ご紹介するお店があります。

「カレーハウス トック」

少しだけ西洋を感じさせる白い窓枠の出窓が目立つ外観。

ドアにはお店のキャラクターが可愛らしいロゴが描かれています。

なんでも、店名である“トック”はフランス語で“コック帽”という意味だそうです。

その由来の通りコック帽から足が生えており、なんとも可愛らしいキャラクターですね。

店内はカウンター席とテーブル席が7席ほど。

窓際よりのスペースは2人席の小さめのテーブル。

奥のスペースはソファとイスの組み合わせになっており、4名ほどの団体でも座れるようになっています。

テーブルとテーブルの間にはきちんとパーテーションが置かれており、以前来たときよりも席数が間引きされている印象。

席に座りさっそくメニューを選びます。

カレーの種類はなんと8種類。

ハヤシライスも2種類あるようです。

お子様連れのご家族も多いことから、お子さまランチがメニューにあるのはうれしいですね。

どこかなつかしい味の“欧風カレー”

今回私が注文したのは『季節の野菜カレー』。

ご飯の上に10種類の野菜がごろごろ。

じゃがいも、さつまいも、かぼちゃはほくほく、たまねぎは甘味が感じられます。

基本素揚げのようですが、にんじんだけ茹でてあり柔らかい食感でおいしかったです。

ルーもソースポットに入っており、よりおいしそうに見えます。

メインのカレールーはどろっとしてよく煮込まれています。

より辛くすることも可能だそうですが、今回はそのままの辛さにしました。

甘口よりの中辛といった具合の食べやすい味。

量もたっぷりあるので、白いご飯が残る心配はまったくいりません。

そしてランチタイムではセットの『自家製プリン』。

四角いカットタイプのプリンで、ほろ苦いカラメルとつるんとしたのど越しのプリンは、カレーの後さっぱりしたい方におすすめです。

ちなみにランチセットは他にもミニコールスローやスープが選べます。

閉店後もお取り置き可能。ルーの地方発送も!

「カレーハウス トック」は1993年創業。

地元の方々に愛され続ける理由は、カレーのおいしさだけではありません。

カレーのテイクアウトができるのはもちろん、ルーのみのテイクアウトも可能。

そして驚きなのはルーを地方発送することも可能なんです。

地元の方々からの要望から生まれたサービスなのでしょうか。

葛飾区から離れてもお店の味が味わえるのはとてもステキなサービスですね。

現在は11時から15時30分までのランチタイムのみの営業。

ですがテイクアウトは18時までに電話をすれば、20時までお取り置きしてくれます。

閉店時間を気にすることなく、仕事帰りにもカレーを楽しむことができるのでぜひお試しください。

カレー屋さんが作る“ハヤシライス”も隠れた人気メニューなんだとか。

とっても気になるので、次はチャレンジしてみようと思います。

カレーハウス トック
住所:〒125-0041 東京都葛飾区東金町1-44-17
アクセス:JR常磐線金町駅から徒歩3分
電話:03-3600-6447
営業時間:11:00~15:30
定休日:土曜日・日曜日・祝日