お気に入りのお菓子と必ず出会える!亀有駅すぐ「するが」の魅力

今回ご紹介するのは、JR常磐線の亀有駅を出てすぐの場所にある和菓子屋さん、するがです。昭和42年創業の歴史のあるお店です。お隣の綾瀬駅にもあります。

昔からお世話になっていて、甘いものが食べたくなるとこちらに寄って、自分へのご褒美としてお菓子をたくさん買っています。

お店の中が気になる!風情のある佇まい

お店は亀有駅の南口を出てすぐの高架下にあるので、お仕事帰りやお買い物帰りに、気軽に立ち寄れます。

するがは和菓子から洋菓子まで幅広く取り扱っていて、種類も豊富なのでいつも目移りしてしまいます…。

お店の看板商品!「するが焼」

お店の名物は「するが焼」という名前の栗どら焼です。目立つ場所に置いてありました。
看板商品になるように、お店の名前の「するが」から「するが焼」と名付けられたそうです。

ほかにも、梅どら焼、おぐらどら焼、苺バターどら焼など、たくさんの種類のどら焼きが販売されています。

こちらはかわいい亀のマークが特徴的な、亀万寿です。

私が行った日は「亀万DAY」とのことで、ラスト1個でした。

亀万DAYは亀有店では毎週火曜日、綾瀬店は毎週月曜日で、1個108円の亀万寿が90円で購入できるそうです。

あんみつやようかんなども置いてありますよ。

するがのいいところは、新商品がどんどん発売されているところ。

伝統の味を守りながら新しい味を追求することを大事にしているそうです。お店に足を運ぶ度に、新しい味と出会えるのはうれしいですよね。

和菓子だけではなく焼き菓子も豊富です。

和菓子も洋菓子も食べたいときに、どちらも買えるのはとても魅力的です。

旬のフルーツを楽しめる「フルーツだいふく」

そして、今、するがで大人気なのがフルーツだいふくです。

人気なのは知っていましたが購入したことがなかったので、今回はじめて買ってみようと思います!

いろいろな種類があって、またまた目移りしてしまいます。

販売されているフルーツも季節によって異なり、早い時には午前中に売り切れてしまう物もあるそうなので、購入したい方はオープンしたての時間を狙って行くのがおすすめです!

厳選したお菓子の味は…?

家に帰って購入したお菓子を実際に食べてみました!

まずは、するが焼です。

生地がふんわりしつつも、しっかりとしています。

中に入っている栗が大きくてとても食べ応えがあります。甘さは控えめで最後まで飽きずに食べられました。

次は亀万寿です。

亀万寿はかりんとうまんじゅうのことで、外側はカリカリとしていて、中にあんこが入っています。

1個でも十分満足感が得られました。

こちらは私の大好きな、なべぶたです。
焼き上がりが「昔の鍋のふた」に似ていることからその名が付いたそうです。

しっとりとしたクッキーの中にチョコが入っています。
中のチョコが優しい甘さでクッキーとなじんでいてとてもおいしいです。

本日のメイン「フルーツだいふく」のお味は…?

それではお待ちかねのフルーツ大福です。

今回は白桃、マンゴー、生パイン、シャインマスカットを購入しました。
一番人気のいちごは旬ではなかったので買えませんでした…。

中のフルーツがみずみずしくてとてもおいしい!!

外側のおもちがとてもモチモチしていて、中は白あんで甘すぎず、フルーツ自体の甘みを邪魔することなく食べられます。

夏場でもペロッと食べられたので、今の季節にピッタリだと思います。
ほかのフルーツも食べてみたいので、また買いに行きたいです!

贈答用のお菓子も購入できるので、大切な人へのギフトとしても喜ばれること間違いなしです。

亀有に来たら、ぜひ寄ってみてはいかがでしょうか。
きっとお気に入りのお菓子と出会えるはずです!

するが 亀有店
住所:東京都葛飾区亀有3-25-1
アクセス:JR常磐線「亀有駅」徒歩ですぐ
東京メトロ千代田線「亀有駅」徒歩ですぐ
TEL:03-3628-3829
営業時間:9:00-21:00
定休日:元旦・3ヶ月に一度不定休