金町で創業70年「菓匠岩月」出迎えるのは明るくお話上手な若女将

金町には70年も引き継がれている和菓子屋があるのをご存知でしょうか?

今回は老舗和菓子屋の岩月をご紹介します。

ご両親が先代から店を引き継いだ際に改築され、現在は3代目の若夫妻がメインとなり営まれています。

和菓子をより身近なギフトへ、をコンセプトにさまざまな取り組みをなさっています。

店に入ると「いらっしゃいませ〜」と若女将の可愛らしい声が響きわたります。明るくて元気!そして頭の回転が早いんでしょうね、会話が途切れることなく買い物を楽しめましたよ♪

それではさっそくご紹介します!

ドラマの撮影にも使われる!?雰囲気のある和菓子屋さん

 

入って正面のショーケースにたくさんの商品が並んでいます。

その奥の壁にはドラマのポスターが貼ってあります。

風情あるたたずまいは魅力的なのでしょう、ドラマ撮影や番組出演など多数の依頼があるそうです。

レジ横には関係者との記念写真が飾られていました。

正面だけでなく右横にもテーブルがあります。

写真にもあるようにテーブルにはいもようかん、お団子、茶まんじゅう、お赤飯。

ショーケースには、珍しい和風クッキーやかりんと饅頭などなど、たくさんの商品がところ狭しと並んでいます。

その中から、岩月名物のどら焼きと上生菓子を。さらに、和菓子屋さんで扱うのは珍しいシュークリームをご紹介します♪

種類豊富などら焼き

この日お店には8種類のどら焼きが並んでいました。

まずは定番の品、栗どら焼きです。

梅どら焼きです。

ほかには左から、苺どら焼き、オレンジどら焼き、キーマカレーどら焼きです。

まだあります!

続いて、粒あんどら焼き、モリンガどら焼き、かぼちゃどら焼きが並んでいました。

こんなに種類があると悩んでしまいます。

悩みに悩んで購入した3つをさらに詳しくご紹介しますね。

まずは、若女将オススメの苺どら焼きです。

苺の味と香りがあんとマッチしています。

次は季節の味、かぼちゃどら焼きです。

あんはかぼちゃ色で優しい味わいです。

そしてこちらが定番商品の栗入りどら焼きです!

見て下さい!大きな栗が入っています。皮がしっとり、そして少しもちっとしたところが私のお気に入りです。

まだ食べたことがないのですが、斬新なキーマカレーどら焼きが気になります。

次回は挑戦してみようと思います。

色鮮やかな上生菓子。繊細な表現はもはや芸術作品

若主人の作る上生菓子の作風はとても印象的です。モチーフを求めて植物をデッサンすることもあるそう。

個性的かつ繊細な表現は、その手間から生まれているんですね。こだわりの細かい描写があります。

この日は紅葉を選びました。

中を割った時の色のバランスが最高です。まろやかな甘さで舌に馴染む柔らかさがたまりません。

お茶はもちろんですが、コーヒーにもよく合うんですよ♪

和菓子屋なのにシュークリーム!?

岩月ではシュークリームを販売しています。和菓子屋さんでシュークリームとは意外ですよね!?

こちらは、購入時にカスタードクリームを注入してくれる本格的なシュークリームです。実は若主人はスイーツ男子だそうで、ジャンルを超えてスイーツにお詳しいそうですよ。

見えますか?外はサックリしています。

そして中はしっとりしたこだわりのシュークリームです。

運が良いと出会えますが、せび食べてみたい!という方はご予約をおすすめします。

和菓子をより身近なギフトへ…若夫婦のさまざまな取り組み

お話によると、近隣の小学校へ和菓子の出前授業をされたそうです。

ほかにも、YouTubeで和菓子作りの配信やブログの開設など、インターネットでもご活躍されています。

地域のカフェやケーキ屋とのコラボ企画をしたり、葛飾区の産業フェアにも出店されたりと、驚くほど精力的なんです♪素晴らしい!

伝統と新しい試みが心地よく伝わる老舗和菓子屋、岩月。

ぜひみなさんも、のれんをくぐってみてください。

そしておいしい和菓子を味わってみてはいかがでしょうか⁈

菓匠岩月

住所:葛飾区東金町6-7-14
アクセス:常磐線「金町駅」徒歩6分
Tel:03-3607-3921
営業時間:9:00-18:30
定休日:水曜日