葛飾区・柴又出身のパティシエが作るケーキと焼き菓子「au revoir」

数年前から新しくオープンする飲食店が続々と増えている金町。
駅周辺の急成長ぶりがすさまじく、目を見張るものがあります。

しかし最近は駅周辺だけじゃなく、駅から少し離れた住宅街にもお店ができるようになりました。
今回はそんな住宅街に新しくオープンしたお店をご紹介します。

パティシエが作っているのが見える開放的な店内

JR金町駅と柴又駅の間は小学校や中学校もありますが、特に幼稚園や保育園が多いエリア。
住宅もマンションなど大型住宅が多く、広々とした駐車場付きのスーパーマーケットやドラッグストアも存在する、とても住みやすいエリアになっています。

そんなエリアに2020年7月にオープンしたケーキ屋さんがあります。


「au revoir(オルボア)」は葛飾区・柴又出身のご主人が作るケーキ屋さんです。

JR金町駅からも柴又駅からも約13分という場所ながら、すでに近隣の常連さんの他にも遠方からも来店する方も多くいらっしゃるそうです。


店内は壁が少なく、工房も見える開放的な造り。
甘いお菓子の香りが店内に漂い、どれも食べたくなってしまいます。

美しいケーキの他にも焼き菓子も豊富


ショーケースには生菓子であるケーキが並びます。
ケーキひとつひとつのデザインが洗練された美しさ。
しばらく見ていられるほど、どれもステキなケーキたちですね。


ショートケーキやモンブランなど定番のケーキもあれば、季節の素材や旬のフルーツを使用した期間限定のケーキも多く作っているそうです。

伺ったのは12月ということもあり、店頭には“シュトーレン”とかわいらしいモミの木型のクッキーが入った“クッキー缶”が販売されていました。


「au revoir」では焼菓子も豊富。
値段別のギフトボックスもあれば単品を自由に詰めることもできるので、ちょっとした手土産としても、大人数に配る用としても利用しやすいですね。


同じ焼き菓子の棚にはなんと紅茶のパックまで。
焼き菓子と紅茶をセットにしてプレゼントしたらとても喜ばれそうですよね。
また、いろんなフレーバーがあるので自身で楽しむのにもピッタリ。

おいしさとクオリティを兼ね備えたお菓子


今回は“モンブラン”と“ブロンドショコラのオペラ”を購入しました。
モンブランはほくほくとした栗の甘さが広がるマロンペーストに、中は生クリームとサクサクのメレンゲが土台になっています。
定番メニューではありますが、季節によって味を調節されているそうです。

ブロンドショコラのオペラはガナッシュがほろ苦く少し大人の味。
ローストしたホワイトチョコレートのガナッシュと、やさしい味のバタークリーム、コーヒー風味の生地がサンドされています。
チョコレートのオペラも大好きなのですが、こちらもとてもおいしいのでオススメ。


焼き菓子も購入しました。
“チョコクッキー”は粉砂糖がまぶされた絞りクッキー。
クッキー自体は甘さ控えめでココアがほろ苦いのですが、まぶされている粉砂糖でちょうどいい甘味がプラスされます。

かわいい三日月の形をしたクッキーは“くるみのキプフェル”。
キプフェルとは主にドイツやオーストリアで作られる三日月形のお菓子のこと。
こちらのキプフェルはくるみのパウダーが軸となっており、ほろほろとした軽い食感のやさしいクッキーでした。

期間限定の季節のケーキは、公式インスタグラムからチェックすることもできます。
クッキーやパウンドケーキなど焼き菓子はオンラインショップも開設されているので、自宅で楽しみたい方やギフトとして贈りたい方にはオススメ。
今年のクリスマスケーキやギフトにいかがでしょうか?
かわいくておいしいケーキや焼き菓子が人気のケーキ屋さんをご紹介しました。

au revoir
住所:〒125-0042 東京都葛飾区金町2-1-8
アクセス:JR常磐線金町駅・京成金町線柴又駅から徒歩13分
電話:03-5876-6445
営業時間:10:00-19:00
定休日:水曜日定休・木曜日不定休