金町の淡路島バーガー専門店「さと村」で本格グルメバーガーにかぶりつく!

おいしい淡路島バーガーを食べたことはありますか?
甘みが強い、淡路島産の玉ねぎが特徴のハンバーガーです。

それを葛飾区の金町駅近くで味わうことができるんです!

この記事では、本格的な淡路島バーガー専門店「さと村」をご紹介します。

駅近で1人でも入りやすいお店

金町駅の北口から徒歩約2分。
金町一番街商店街の一角に淡路島バーガー専門店「さと村」があります。

お店の入口には淡路島バーガーの写真がドーン!
思わず目を奪われます。

店内にはカウンターとボックス席が合わせて24席。
1人でも気軽に入りやすい雰囲気です。

食事も昼飲みもOK!

ハンバーガーは、淡路島バーガーやてりやきバーガーなどの6種類。
単品と、ポテト・ドリンク付きのお得なセットがあります。

オープン当初、ハンバーガーは3種類でした。
お店の方の工夫や努力が伺えます。

ちょっとしたおつまみになるサイドメニューや、アルコールもあるので、昼飲みとしても利用できます。

おつまみセットの内容は、淡路島バーガーの中身+ポテト。
「ハンバーガーは少し多い…」「炭水化物を控えたい」という方にはぴったりです。

テイクアウトやウーバーイーツもやっています。
お店で食べておいしかったから、家族用にテイクアウトを頼む方もいるのだとか。

淡路島で作り方を学んだ本場の味

メニューはどれもおいしそうだったのですが、今回はお店一押しの淡路島バーガーセットを頼みました。

注文してから間もなく、ドリンクの「藻塩レモネード」が届きました。
暑い日にぴったりの、爽やかな飲み心地。
シュワシュワの炭酸がたまりませんでした。

ハンバーガーは注文をしてから1つ1つ作ってくれます。
実際に淡路島のお店で作り方を学んだ、本格派です。

バンズやパティを鉄板の上で焼いたり、ポテトを揚げたりする店員さん。
その作業を見て、ワクワクしながら待っていました。

淡路島バーガーがきました!

具沢山でぶあつい!
この見た目にテンションが上がります♪

バンズは鉄板で焼いているので、表面が少しカリっとしていました。

バンズをめくると、ベーコン、チーズ、玉ねぎカツ、パティ、レタス、トマトソースが挟まっています。

「さと村」では、淡路島から取り寄せた玉ねぎとパティを使っているそうです。

シャキッとした食感と甘みのある玉ねぎカツや、ジューシーなパテは、それぞれ単品でもいけるおいしさ。
そこに自家製のトマトソースが絡まったバーガーは最高でした!

15時以降は串焼き屋にチェンジ!

淡路島バーガー専門店としてランチ営業している「さと村」。
15時からは、串焼き屋に早変わりします。

元々は串焼き屋としてオープンしましたが、コロナ禍により営業が苦しくなりました。
そこで、昼の空いている時間で何かできないかと考えた結果、店主の地元淡路島で有名な淡路島バーガーを提供しようと思い立ったそうです。

新鮮な食材を使った、コスパ抜群のメニューの数々が大人気で、連日席が埋まる盛況ぶりです。

昼夜問わず、金町駅周辺でおすすめのお店になりました。
ぜひ足を運んでみてください。

淡路島バーガー専門店さと村(串焼さと村金町店)
住所:東京都葛飾区東金町1-25-2
アクセス:JR常磐線・京成線「金町駅」から徒歩4分
電話番号:070-2001-5746
営業時間
 平日:11:30-14:00
 土日:11:00-14:00
定休日:不定休